行き遅れババアネタバレ

2019年10月末に
いよいよすぺしゃるじーさんとチンジャオ娘さんのコラボ作品の第2弾、

『行き遅れBBA』がBookLive!コミックで配信になります!!

 

行き遅れババア
 
▼▽▼爆乳デカ尻パツパツスーツの行き遅れBBAがエロいww▼▽▼
今すぐ無料立ち読み!
“行き遅れ”で検索!
↓↓↓
行き遅れBBAの試し読みはBookLive!コミック♪

 

◆行き遅れBBA、無料試し読み方法!◆

行き遅れBBA、無料試し読みは
たったの3STEP!

■STEP1
BookLive!コミックにアクセス!
行き遅れBBAの無料試し読みはBookLive!コミックで!

検索窓に”行き遅れ“と入力して
検索ボタンをクリック!
(“は入力不要です!)

■STEP2
検索結果で”行き遅れBBA“をタップ!
■STEP3
無料試し読み“をタップ!

あとはスマホで行き遅れババアの試し読みを楽しむだけ♪

 
たったのこれだけ!
 

まずは無料試し読みで行き遅れババアを楽しんでみてください!

(かなりエロい内容なので出先や電車の中では試し読みしないほうがいいかもww)

 

すぺしゃるじーさんとチンジャオ娘さんと言えば
前回のコラボ作品、

『人をダメにするちょいブス』が大きな話題になり、
大ヒットしましたが・・・

今回のテーマは行き遅れBBA(ババア)。

仕事に打ち込むあまり、婚期を逃してしまった女性のことを行き遅れババアと言うそうです。

「ちょっと待て、婚期を逃したババアでなんてヌケるわけねえだろ!!!!!」
そう思うのはまだ早いですよww

作品の作画を見て、即、ヌケると確信しましたww
↓↓↓

ね!?笑

口元のホクロがエロいし、いいケツしてるでしょ?w
もちろんおっぱいの方も爆乳ですよww

行き遅れババアといってもブスだから結婚できなかったわけではないですからねww
仕事に打ち込むあまり、婚期を逃してしまっただけですからww

めちゃくちゃ美人で、めちゃくちゃいいカラダの持ち主なんですよwww

早速、その、
行き遅れババア

のネタバレを紹介していきたいと思います!

行き遅れババア第1話ネタバレ予想 BBAのマンションを訪れて爆乳にぶっかける!!ww

行き遅れババア
 
▼▽▼行き遅れババアの爆乳に発射!!ww▼▽▼
今すぐ無料立ち読み!
“行き遅れ”で検索!
↓↓↓
行き遅れBBAの試し読みはBookLive!コミック♪

 

新入社員として入った会社で、事前に上司が34歳の女性と聞かされていて、上手く仕事ができるのかという不安がありました。
実際に働き出して上司の34歳女性を見てみると、普通の女性用スーツで見た目は20代の巨乳女性という感じでした。
最近は30代でも若く見える人が多いなという感想を抱きました。というより、かなりの巨乳女性と関わる機会があまりなかったのでエロいと感じてしまいました。

しかし、同僚達はその上司を行き遅れBBA(ババア)と呼んでいました。
ババアとまで呼ぶことはないんじゃないかと思いましたが、相手と雑談などをしてみると、新入社員の自分とは確かに話題の世代ギャップがあるなぁと思いました。わたしはおっぱいフェチなもので、そのBBAを見るとどうしても爆乳と言える巨乳に目がいってしまい、落ち着かない気分になりました。

ある時、行き遅れBBAは私が爆乳を見ていることに気づいた様子でした。
まずいと思いましたが、BBAは色目遣いをして来ました。
いつもの雑談をしているうちに、BBAが一人で住んでいるマンションに行くことになってしまいました。
仕事の書類を届けるとかの理由で約束してしまいました。

マンションの部屋に入りBBAを見ると、もう仕事中の女の顔ではありませんでした。
若い男に飢えている行き遅れBBAのフェロモンが出まくっていました。こっちもおっぱいフェチで性欲も持て余していましたから、BBAを押し倒して服を脱がして、爆乳を揉んで吸い付きまくりました。
BBAはそれに抵抗しないのでこっちのやりたい放題でした。

結局、押し倒したままそのままセックスになり、フィニッシュは爆乳にかけてやりました。
自慢じゃないですが、寸止めで顔射やパイ射するのは得意でした。爆乳にかかった白い液体を見て満足そうな顔をしている、34歳の行き遅れBBA(ババア)の表情が印象的でした。

行き遅れババア第2話ネタバレ予想 酔った勢いでBBAにハメる!w

行き遅れババア
 
▼▽▼爆乳34歳、行き遅れBBAを酔った勢いで襲う!!w▼▽▼
今すぐ無料立ち読み!
“行き遅れ”で検索!
↓↓↓
行き遅れBBAの試し読みはBookLive!コミック♪

 

主任の仕事を手伝い、二人きりで残業をしました。
その帰り道、お礼も兼ねてと主任に飲みに誘われ近所の居酒屋へ。
そこで普段の鬱屈した精神を爆発させた後に酔い潰れる主任。
彼女に起きる気配がないので、近くにある自分の独り暮らしのアパートの部屋まで運びます。

一先ず自分のベッドに彼女を寝かせて一息つき、改めてやや乱れたスーツ姿で無防備に眠る主任を見ていると、普段は抑えている欲望が爆発します。

彼女に無断でキスした後に服を脱がせ、揉みしだきます。
まだ眠りながらも反応する彼女を見ながら、巨乳を存分に堪能します。
揉み、舐め、吸い、軽く噛み…。

下に手を伸ばせば、かなり湿り気を帯びています。
そこを指でかき混ぜていると、主任の目が覚めます。

最初はどういう状況か分からず戸惑い、それでもすぐに察した主任は、やや怒り気味に抵抗します。
「何をやっているの?!」と。

そんな彼女に無理やりキスをして、押し倒し、
「何って、憧れの主任と、今からするんです」
と、告白というより宣言のような返答をします。

それでも、「行き遅れのオバサンをからかうんじゃない」と力なく怒る彼女の上に乗り、十分に濡れた秘所に許可なく生挿入します。

その大きな乳房に顔を埋めるようにして舐め、吸い付きながら腰を動かし、激しく打ち付けます。
すると、最初は耐えるように歯を食い縛り、枕を握りしめてした主任が、徐々に甘い声を漏らし始め、腕を自分の背に回して軽く爪を立ててきました。

やがて絶頂を迎え、ギリギリのところで引き抜き主任の腹の上に射精します。
同時に主任も全身を痙攣させ、絶頂を迎えます。

しばらくは二人共に荒い息をついてその余韻に浸りますが、ティシュで汚してしまった彼女の腹回りを拭きとろうとする自分に対し、射精したばかりなのにまだ屹立しているペニスを優しく握り、「さすが、若いわね…」とだけ言って主任が身を起こし、口に含んで綺麗にしようとしてくれます。

そのまま鬼頭を咥えたままの状態で彼女か胸でペニスを挟み、パイズリをしてくれます。
尿道にまだ残っていた精子まで吸いとるようなフェラに、たまらず口内に再び射精。

そのまま朝まで飽きることなく、行為を続けます。

行き遅れババア第3話ネタバレ予想 オフィスでしゃぶられ、BBAの口内にドクドクと射精ww

行き遅れババア
 
▼▽▼デスクの下に隠れてしゃぶる行き遅れババアの口内に射精!!ww▼▽▼
今すぐ無料立ち読み!
“行き遅れ”で検索!
↓↓↓
行き遅れBBAの試し読みはBookLive!コミック♪

 
出先から帰社すると、オフィスには私の先輩女性が一人おりました。
彼女は独身、直属の上司という事で毎日厳しく、なかなか世間話をするような余裕はありませんでした。
周りからは仕事に熱中するあまり結婚する機会を逃した行き遅れババアなんて風に言われていたのです。

しかし、周りが行き遅れババアなんていおうが自分には一切関係ありませんでした。
昔から年上の女性に魅力を感じていた私は彼女の豊満な身体に日々悶々としていました。
普段から仕事のストレス発散を兼ねてオナネタにする事がありましたが、主任という関係上なかなかお近づきにはなれませんでした。

ところがその日は、ふたりきりという事もあって、お疲れ様、などと事務的なやり取りをしながら、プライベートな事にまで会話が発展したのです。
どうやら彼女はしばらく男性とのお付き合いをしていないらしく、30歳半ばという年齢で焦りを感じているらしいのです。

これはチャンスと思い、「自分もずっと彼女が居なくて最近退屈なんです」と切り出してみた。
すると、行き遅れババアが突然「あっちの方も溜まってるのかしら。」と誘惑するのです。

私のデスクに近づき、おもむろにしゃがみ込みました。
突然の事におどおどしている私をしり目に、スーツのスラックスをおろしてくるのです。

しゃがみ込んだ行き遅れババアの胸元からは谷間がチラチラと見え、どんどん私もその場の雰囲気に興奮していきました。
下着の上から私の下半身をすりすり撫でると、舐めてもいい?と尋ねて来ました。

とうとう我慢が出来なくなった私は下着を脱ぎ、行き遅れババアの前にカチカチになった一物を放り出したのです。
「興奮しちゃった?」といつもの先輩口調でまるで子供のように扱われる事がまた私の気持ちを高ぶらせました。

行き遅れババアは私の先っぽをペロリと舐めると、少しずつ口内に一物を含み始めました。
行き遅れババアの口の中はとても温かく、気を抜いたらすぐにでも発射してしまいそうな快感でした。

それもそのはず、常日頃から彼女の熟れた裸体を想像し、こうしたシチュエーションで襲われる事を妄想しながらオフィスのトイレでオナニーしていたのですから。

だんだんと、彼女は咥えるスピードを早めて行きました。先っぽをチロチロ舐め、時には金玉にキスまでしながら、奥までむさぼるようにしゃぶり尽くしました。
彼女自身も、相当溜まっていたのでしょう。長年の経験から繰り出される、容赦ないフェラチオ責めにとうとう私は果ててしまいました。

イクッという声がオフィスに響き渡り、行き遅れババアの後頭部を掴み、快楽のままに口の中でドク、ドク、と射精したのです。