行き遅れBBAエロ漫画ネタバレ 風邪で熱があっても爆乳BBAが来たからめちゃくちゃ抱いたww

会社の先輩に34歳の爆乳の上司(行き遅れBBA)がいる。仕事中気になってしまい見つめてしまいながらムラムラしている中私が風邪を引いてしまった時なんとその爆乳上司(行き遅れBBA)が看病に来てくれました。
熱で頭が痛い中優しい言葉をかけられ、看病させられ俺のチ◯コは大きく上を向いてしまいそれに気づかれてしまった。

そしたら俺のチ◯コを触られなんとキスをしてきました。俺はそれで理性が飛び爆乳上司(行き遅れBBA)を押し倒してしまいました。

そこからはもう爆乳上司(行き遅れBBA)の喘ぎ声とか爆乳で性欲が絶頂に達しお互い全裸で激しくヤってしまいました。
熱だったはずなのにそれを忘れて無我夢中で爆乳上司を抱いてしまった。でもものすごく可愛くて爆乳上司も俺のことを求めてくれて最高の時間でした。
その日は二人で添い寝をしました。

次の日、起きたら下半身に違和感を感じたと思ったら何と爆乳上司(行き遅れBBA)が俺のチ◯コをフ◯ラしていました。
今までフ◯ラされたことのなかった私はあまりの気持ちよさですぐイってしまいました。でも爆乳上司(行き遅れBBA)のエロさで俺のチ◯コは萎えることなくビンビンで爆乳上司を押し倒して朝からむちゃくちゃ爆乳上司(行き遅れBBA)を抱いてしまいました。

熱はすっかり下がっていました。
行為中の爆乳上司はとにかくエロかった。
あーんもっと突いてぇとか何回もイっちゃぅうとか喘いでいて体もすごくビクついてものすごく可愛くて最高でした。

爆乳上司は10回くらいイってだと思います。俺は最後爆乳上司(行き遅れBBA)と一緒にイくことができて次は中出しs◯xができるといいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です