行き遅れババアネタバレ 責任取るの覚悟で危険日行き遅れババアの中に放つ!!ww

年上女性を例えるなら完熟した果実…と思っているが、これをいうと女性解放運動家から大バッシング食らうのは必然的だと思っているが、個人的にはそんな事は関係なく、男女は人間同士でしか通じない事で自然界ならオスメスしかないのであるが、現在、今年入社した会社の同じ部署の上司である34歳の女主任(行き遅れババア)と付き合っている。

きっかけは昼休みに会社のフリースペースでご飯を食べていた時に向こう(女主任)から声をかけてくれた事でもあった。
以前から年上好きと豊満な身体付きも好みだったので自分からアタック・アプローチを繰り返していた。

最初はかなりの物好きみたいな扱いで相手にしてもらえずに牙城を崩すのに手こずったが、その後はそれがウソだった如くに色んなところへ食べに、呑みに、出かけたり、そして、体を交わる関係まで至ったが、女主任(行き遅れババア)の肉体は服の上から想像以上に官能的で芳醇な身体で自分がトロけそうな位な気持ちになった。

今のところ一度も男性遍歴を聞いてないが、鍛えられたのか、生まれつきなのかは分からないが、仮に男性遍歴が多かったとしてもかなりの男に遊ばれたか、男を溺れさせてきたか…と想像するだけで色々と妄想が止まらなくなってしまう。

それはともかく、本当に女主任(行き遅れババア)任と身体を交わっていると何処を舌で責めても美味しいと感じてしまう。

唇・首筋・乳首・脇の下・クリ・秘部…とその時の事を思い出すとムラムラが押さえられなくなってしまい、特に勃った乳首・クリを責める時は自分も何故か喜びを感じてしまい、また濡れた秘部を舌で責めながら蜜を飲んでいるとご褒美すら感じてしまう。

対して女主任(行き遅れババア)も唇・乳首・一物…と母性愛を含めた様に責めてくるので我慢汁で留めているが、射精を我慢する事はしょっちゅうで特に一物は口で竿を含んでしゃぶりながら上下させ、利き手で袋をリズミカルに強弱付けながら握って責めるのであるが、時折、S気を出す事がこの時が多く、おおよそ10分位は毎度毎度やられているが、悪い気はしていない自分がいるのも事実である。

これを付き合い始めてから予定を組んだ休日でほぼ続いているが、こういう事を続けると女性特有のあの日に当たる時もあり、時々、いざ一物を入れようとしたら`危険日なの…´と言われたりするが、こういう時は一物責めの仕返しと言わんばかりに中に放つ…。

放った後は`バカ。出来たら責任取ってくれるの?´と微笑みながら怒られるが、今後どうなるかは分からないが、こんな楽しい日々がこのまま一生続いてほしいと切に願う…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です