行き遅れババアエロ漫画無料試し読み 34歳爆乳パツパツスーツに抜いてもらうww

昔に比べれば上下関係は解消されつつあるらしいのですが、会社の中では依然として部下は上司に逆らえません。
接待で飲む機会が多いため、お酒が苦手な私を鍛えるために連日飲みに誘ってくれるのが主任(34歳行き遅れBBA)。上京して一人暮らしをしている私は、アパートに帰るよりは誰かと居たほうが寂しくない、連日男と一緒に居るのは辛いですが、主任は34歳の女性、しかも独身で爆乳。
仕事での主任(34歳行き遅れBBA)は厳しい面もあるのですが、2人で酒を飲んで居る時は女の一面も垣間見え、意外に可愛いところがある。
会社では出来ない恋愛話をすることもあり、互いに「誰か良い人を紹介してよ」とは言うのですが、私が主任に男を紹介しないのは、主任に気があるから。
気があることを直接伝えると関係がややこしくなる、フラれることを考えると慎重にならざるを得ない。
新入社員の私にはまだまだ時間はタップリあるのですが、主任は34歳、女性社員の中には主任のことを生き遅れのババア扱いをしている者もおり、そのことは本人も気付き結婚に焦っている。
生き遅れのババアが新入社員に手を出せば、余計に主任は職場で嫌われる、私からアプローチしてみると
主任(34歳行き遅れBBA)、「私、オバサンよ」
私、「僕と(年齢は)一回りしか違わないじゃないですか」
主任(34歳行き遅れBBA)、「一回りも違うのは大変よ」
私、「何歳下までなら良いんですか?」
主任(34歳行き遅れBBA)、「貴方、(お酒に)酔っているでしょ?」
私、「酔ってないですよ、主任のことが好きなんです」
主任(34歳行き遅れBBA)、「明日も仕事なんだから、今日はもう終わり、帰るよ」
帰ると言っても、私を置き去りしないのは、私の上司だから?それとも脈があるから?
脈があるほうに賭けたい私は、「気分が悪いです」
主任(34歳行き遅れBBA)、「吐きそう?」
私、「頭が痛いです」
主任(34歳行き遅れBBA)、「お水を買って来ようか?」
私、「足がフラフラで立てません」
主任(34歳行き遅れBBA)、「困ったわね」
私、「主任の家に泊まらせて下さい」
主任(34歳行き遅れBBA)、「ダメよ、いくら部下でも。ホテルへ行く?」
私、「主任とラブホに行きたいです」
主任(34歳行き遅れBBA)、「ラブホじゃないわよ、ビジネスホテル」
私は主任に連れられビジネスホテルに行くと、
ホテルマン、「酔った方を1人だけでお泊めすることは出来ません」
ホテルマンのお陰で主任と一緒にホテルで泊まることに。
主任(34歳行き遅れBBA)、「私に何か出来ることある?」
私、「お風呂を入れて下さい」
主任、「沸いたわよ、入りなさい」
私(34歳行き遅れBBA)、「主任、服を脱ぐの手伝って」
主任、「仕方ないわね」
洋服のボタンを外すのが出来ないと、ズボンのチャックも下ろせない。
私、「主任、ズボンも脱がして」
主任(34歳行き遅れBBA)、「仕方ないわね」
ズボンを脱がしてもらい浴室へ向かうと
主任(34歳行き遅れBBA)、「パンツも脱ぎなさい」
私、「脱げないんです」
主任、「パンツくらい脱げるでしょ」
私、「脱げないんです」
主任、「仕方ないわね」
全裸になった私はいつもの癖でオシッコをしようとすると、
主任、「そこでしたらダメよ」
主任は私をトイレに連れて行ってくれたのですが、酔っていると1人では立っていられない。
主任、「仕方ないわね」
主任に体を押さえてもらいオシッコをしようとしたのですが、酔っていると狙いが定まらない。
主任(34歳行き遅れBBA)、「仕方ないわね」
主任にペニスを持ってもらえたまでは良かったのですが、緊張でオシッコは中々出ない。
主任、「仕方ないわね」
主任がペニスを振ってオシッコを出そうとしてくれるのですが、中々出ない。
主任、「仕方ないわね」
主任は口の吸引力でオシッコを吸い取ろうとしてくれたのですが、それでもオシッコは出ない。
主任(34歳行き遅れBBA)、「仕方ないわね」
主任に色々試してもらうと、ようやく出たのですが、出たのはオシッコではなく精液でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です