行き遅ればばあネタバレと無料試し読み オフィスのデスクの下でBBAにしゃぶらせ、勢いよく口内に発射!!ww

気になっている女性がいると嫌が様にも気になって仕方なくなるのはある種の野生の習性的な事でもあるのだろうかと考えてしまう。
実は現在の自分がその状況なのだが、その女性というのが入社した会社の同じ部署の上司である34歳の行き遅ればばあの女主任だ。

普段から仕事が出来、また困った時も助けてくれるが、個人的に年を重ねて蓄えたムチムチな身体も相まって気になってしまっているのだが、ある日の事、会議資料をまとめなければならないため残業していた。

終業時間から2時間位し、ようやく終える目処が立ち、気晴らしもかねてトイレへ行った帰りの事、電気もついていない資料室から変なモーター音が響いていた。
気になったのでドアをちょっとだけ開けて覗いてみるとそこにはディルドを使ってオナニーをしていた行き遅ればばあの女主任がいたのだ。

自分は普段の様子から想像出来なかった行為にショックと同時に興奮を覚えてしまい、その様子に夢中となったが、勢い余って倒れてしまい物音で気づかれてしまった。

行き遅ればばあの女主任もオナニーに夢中だっただけに行為がバレてしまった事と現実に戻されたという恐怖に襲われた様子で`誰!誰かいるの?´と叫ばれたので、自分は´すみません、田中です。`と名乗った。

すると行き遅ればばあの女主任は秘密がバレてしまい、打ち拉がれる様にも感じ、自分が近づいて顔を見ると涙目になって訴えかける様にもなっていたが、自分はそれが愛おしく感じ、黙って行き遅ればばあの女主任を抱きしめてキスをした。

愛撫しながら話を聞いたが、行き遅ればばあの女主任は昔からオナニー癖があり、それがたまらなく好きだったのが抜け出せず、時折、スリルを味わいたくてこのような事を会社内でやっていたそうだが、違う先輩から´このビルに霊がいるのか知らないが、たまに床に染みが出てくる事があるんだ。
しかも、場所は関係なく…`という事を聞いていたが、この件でその染みが行き遅ればばあの女主任のオナニーによる愛液である事が分かったが、キスをしながらでも行き遅ればばあの女主任はやたらじ自分の股間に手を伸ばしていたので`見たいですか?´と聞くと行き遅ればばあの女主任はすかさず´見たい!`と二つ返事をし、暗がりでやるのも嫌だったので資料室から自分のデスクに連れ出した。

デスクに着くや否や行き遅ればばあの女主任は`見せて!見せて!´と自分のズボンを下ろして一物をさらけ出さされ、それに行き遅ればばあの女主任は身体をしゃがんで夢中にしゃぶりつき始めた。

会社には誰も居ないとはいえ、通りがかりの人がオフィスでこんな様子を見たらと思うと確実に共々クビになるのは間違いない話だが、行き遅ればばあの女主任の舌テクは本当に恐ろしくしゃぶり出してから5分ちょっとで果ててしまったが、そんな自分の一物に対して文句も言わずに掃除までしてくれたが、何だか満足感を得てないと感じたので´すみません…。`と謝ると`いいよ。謝る必要ないよ。´と返してくれたが、自分は行き遅ればばあの女主任とヤリたくなり、無理を承知に´沢村さん、一回ヤらしてもらえませんか?`と聞いてみた。

すると行き遅ればばあの女主任はまるで少女様な可愛い笑顔で`いいよ!ヤろう!!´と返事をし、行為に移った。
行き遅ればばあの女主任の服と下着を優しく脱がせると今まで服の上からしか見えなかった身体が露となり、爆乳もさらけ出されていた。自分は夢中になって爆乳にしゃぶりついた。
すると行き遅ればばあの女主任は喘ぎながら乳首を勃たせて感じていた。

既に秘部はディルドや愛撫で濡れていたので責めなかったが、自分の一物はあの舌テクでやられたのが嘘だった様に再び勃ちあがり、それを行き遅ればばあの女主任の秘部へ入れてピストンを始め、お互いに濡れていたので激しくても快楽に包まれ、2人共昇天し、中で果てた…。行為を終えるとお互いに笑顔に包まれ、抱き合って後戯し、服を急いで着替えて仲良く会社を後にした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です