行き遅ればばあエロ漫画無料試し読み 出張先の温泉旅館で行き遅れBBAとハメまくるww

私の上司は性格が几帳面、几帳面が災いし未だに独身。上司は34歳、30代の独身は珍しくないのですが、私の上司は女、彼女の同期組は彼女以外全員既婚者、他からは行き遅れと言われ、そのことは彼女の耳にも入っているのですが、几帳面な彼女が仕事を怠ることはありません。
そんな上司と泊りがけで地方に出張をすることに、新入社員の私は出張が初めて、慣れないことで心身ともに疲れてしまったのですが、出張先の人に飲みに連れて行かれ、宿に着いたのは23時。通常の出張ではビジネスホテルを利用するのですが、どこも空いていないらしく、その日は温泉旅館で泊まることに。
23時では宿の玄関は閉まっていたため、ブザーを鳴らすと開けてもらえたのですが、予約を間違え部屋は1つしか取れていませんでした。
満室では仕方がないため私と行き遅ればばあは相部屋、部下としては上司から先にシャワーを浴びてもらうつもりだったのですが、
上司、「化粧を落とすのに時間が掛かるから、貴方から先に入りなさい」
失礼して先にシャワーを浴びると、酔いが回ったのか眠い、部下が上司より先に寝るのはマズイと思ったのですが、どうしても眠い、堪らず眠ってしまうと、何か股間がモゾモゾする。一緒に泊まったのは私と行き遅ればばあだけ、だとすれば、モゾモゾしている犯人は私か上司、まさか上司がするなんてと思ったのですが、股間をモゾモゾしているのは浴衣に着替えた行き遅ればばあ。
寝相が悪い私は浴衣が開け股間からはペニスが露出、それを上司はフェラチオをしていました。
私が「止めて下さい」と言うと、行き遅ればばあは何か返事をしたのですが、フェラチオをするのに口にペニスを咥えていては、何を言っているのかは良く分からない。
男でも酔っていては非力、されるがままでいると、行き遅ればばあは私の上に跨り騎乗位でSEXを始めたため、
私、「コンドームを付けて下さい」
上司、「出張で来ているのだから、コンドームなんて持ってないわよ」
私、「イキそうです」
上司、「まだイッたらダメヨ」
そう言われると、かえって我慢が出来ないのが男、私は慌てて行き遅ればばあのアソコからペニスを抜き、最後は手コキでフィニッシュ。騎乗位からの手コキのため、自分の手に精液が付いてしまったのですが、行き遅ればばあは私の手をペロペロ、精液やマン汁の付いたペニスもペロペロしてくれて、流石、几帳面な方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です