行き遅れBBAエロ漫画ネタバレ 出張先の温泉旅館で爆乳堪能して中だしセクロスwww

新入社員の私は仕事の関係もあり、一泊で出張に出かけることになりました。不安な私に同行するのは、34歳の女主任行き遅れBBAです。
憧れの爆乳をひとり占めできることで、妄想が膨らみましたが仕事を終え旅館に到着しました。

夕食は少しアルコールも飲んで、仕事の話をしながら食べました。それぞれの部屋に戻ってテレビを見ていると携帯が鳴り、相手は行き遅れBBAでした。時間も早いし少し部屋で仕事の話でもしようということで、私は妄想を膨らませて行き遅れBBAの部屋に向かいました。
テーブルを挟んで行き遅れBBAは正座の状態で座って、ビールを飲みながら談笑が始まりました。行き遅れBBAは浴衣姿で、太ももや胸元の白い肌が隙間からチラチラ見えました。
談笑もうわの空で、私の視線はBBAの体に釘付けとなっていました。その雰囲気を察知したかどうかは定かでありませんが、行き遅れBBAはしだいに色っぽい目つきになってきました。
特に言葉を発することなく、二人は自然と近づいて肌を寄せ合いました。抱き合う動作で行き遅れBBAの浴衣ははだけ、白く透明な肌の露出度はますます過激になりました。
キスを交わしながら行き遅れBBAの手は自然と私の股間に伸びてきて、それに釣られるように私の手も行き遅れBBAのパンティの中に入り込みました。BBAのアソコは溢れんばかりの洪水状態になっており、私の肉棒も爆発寸前の状態でした。待ちきれなくなった二人は交わり合い、激しくお互いを求めました。
BBAを後ろから突いてやると腰をのけぞらせて悶絶し、その顔は快感で歪んでいました。体位を変えながら求め合った私達は、正常位になり愛し合いました。
私の肉棒が限界に近づいたのを悟ったのか、行き遅れBBAは目で何かを懇願してきました。私はその期待に応えて、中に発射をきめてやりました。
どうやらBBAもそれを望んでいたようで、その瞬間は満足げな顔つきで天に登り詰めたようでした。
妄想が現実になり、大満足な夜を過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です