行き遅れBBAネタバレ パツパツ爆乳スーツのおっぱいにギンギンに勃起ww

今日は会社の部署飲み会。大人数の飲み会は珍しく、部長の奢りだそうだ。みんな自由に飲み愚痴を吐いていく。
その飲み会の中には当然行き遅れBBAもいた。隣の席でいたのもスーツ姿。いつもは毅然とした態度の主任も、飲み会だとフランクな空気が出てる。暑くなってきたのか、ジャケットを脱ぎブラウスに包まれた爆乳が出てきた。周りの男達はついつい見てしまい、もちろん自分も例外ではなかった。隣の席では見にくく、正面の席に移って凝視したい気持ちが強くなってしまうほどに、酔った主任のおっぱいはいつもよりもエロく感じた。すごくムラムラする。やばい。
飲み会も終盤、みんな酔っている中、行き遅れBBA主任がお手洗いにいった。今がチャンス!と思い僕もついていき、席からは見えない、店の奥のトイレ前の狭い通路で偶然を装い主任を待ち伏せた。
どうしたの?って聞いてきた主任は、ブラウス第二ボタンまで開け、汗でブラジャーが透けている超エロい格好。酔っているからか頬も赤くなり表情もエロい。
もっと主任と話したくって、と言った僕の股間はパンパンに勃起し、主任に当たらないように腰を引きながら話していた。そんな様子を気付かず行き遅れBBA主任は楽しそうに話してくる。

しかしもう我慢ができなくなった僕は、行き遅れBBA主任に勃起ちんぽを当てながら強調された爆乳を凝視した。

主任は少し驚きながらも、酔っているからか優しく股間に手を当て撫でて、ここは人が多いからホテルに行こ?と耳元で囁く。

おっぱいがすごく当たる。本当はすぐにこの場でおっぱいに顔を埋め揉みしだき、乳首を吸いたい。しかしここは我慢だ…。
すると主任が、後でパイズリしてあげる、と言い席に戻っていく。僕の勃起ちんぽはバキバキのまま飲み会が終わっていくのであった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です